がん予防から転移の治療法まで│病気撃退マニュアル

医者

診療内容の特徴

医者

池袋駅前の内科クリニックを利用するときには、会社帰りや学校帰りに受診できるホームドクターと位置付けることが重要です。また忙しい人でも受診しやすいのが魅力的であり、各種検査を受けたり漢方薬の処方を受けることも可能です。

Read more...

難しい病気

転移すると何が違うのか

病棟

転移したがんは治りにくい、という話を耳にしますが、そもそも転移とはどのようなものを言うのでしょうか。 例えば何かの臓器にがんができたとします。その細胞が血管やリンパ管に侵入し、移動して他の臓器に移り増殖することを転移と言います。最初にできたものを原発巣、他の臓器に移ってからできたものを転移性のがんとして区別しています。 同じ大腸がんでも他の臓器、例えば肺から大腸に転移したものですと、原発性のものとはその性質に違いが見られ、治療も異なってくるのです。転移性のものは元々の臓器のがんの性質を受け継いでいるので、それに合った治療をする必要があるのです。 様々に形を変え、表情を持ったがん、私達の病気との闘いも柔軟に、したたかに続けていく必要があるでしょう。

これからのがん治療

転移すると治療が難しいとされているがんですが、それは様々な臓器に移ることによって、治療が限られてしまうからです。原発巣にとどまっている間は手術によって取り除くことが可能ですが、身体中に散らばってしまうと、もはや抗癌剤くらいしか治療の手段がありません。が、抗癌剤は正常な細胞まで攻撃してしまうので、使用できる量が限られてしまい、治癒には至らないのです。 そこで今考えられているのが、がん細胞そのものを攻撃するのではなく、転移をブロックしてしまう薬剤です。原発巣にとどめて転移を抑えてしまえば、原発巣を手術で取り除くことにより、治療が可能となるからです。 今はまだ構想の段階ですが、この薬剤が実現すれば転移したがんの治療に大きな進歩が見られることでしょう。 今後、どういう治療法が生まれるのか、期待を持って見守りたいものです。

悩まず病院に行こう

医者

泌尿器科といえば何となく行きにくい病院と感じます。しかし何もしないで放置しておいても病気は治りません。泌尿器科が多く開業している東京新宿には、そのような方々をあたたかく診察してくれる病院が多数存在しています。

Read more...

検査の重要性

医者

女性にとって怖い病気のひとつである乳がん、怖いですがきちんと検査を定期的に受けることによって、進行を防いだり、悪化する前に完治することができたりします。なので、とにかく検査を受けるということが一番大切です。

Read more...